アドメンタ10mg

アドメンタ10mgの商品画像
商品の特徴

アドメンタ10mgはエビキサのジェネリックであり、アルツハイマー病治療薬です。
NMDA受容体拮抗薬と呼ばれる新しいタイプのもので、有効成分メマンチンが脳内神経伝達物質グルタミン酸の過剰排出を抑制し、神経の興奮を抑えてくれます。

cart-line
アドメンタ10mg 5シート(50錠) [香港発送]
¥4,800
カートへ
cart-line
アドメンタ10mg 1箱(100錠) [SG発送]
¥8,400
カートへ
cart-line
リデュースセール
選ばれる理由
製品名アドメンタ10mg
成分メマンチン塩酸塩
製造元Sun Pharma Laboratories Ltd
薬効部類アルツハイマー型痴呆治療剤
日本名メマンチン塩酸塩
内容量5シート/50錠、1箱/100錠
発送国香港・シンガポール

アドメンタ10mgの特徴

アドメンタはエビキサのジェネリックでアルツハイマー認知症治療薬です。

アドメンタは、NMDA受容体拮抗薬と呼ばれる新しいタイプのもので、有効成分メマンチンが脳内神経伝達物質グルタミン酸の過剰排出を抑制し、神経の興奮を抑えてくれます。
アドメンタ以前のアルツハイマーの薬というと、大脳皮質の萎縮や脳のたんぱく質の変形によって減少した神経伝達物質を補うことが主でした。
そのためまったくタイプが異なるアルツハイマー認知症治療薬です。
アドメンタは元々はパーキンソン病の薬として海外で使われており、その後、欧米にて中等度から重度のアルツハイマーの治療薬として使われるようになりました。
アメリカの食品医薬品局・FDAの臨床試験において、記憶力の減退・判断力の低下を遅らせてくれる効果があることが確認され、日本では2011年に承認されました。

アドメンタ10mgの成分

メマンチン塩酸塩 10mg

アドメンタ10mgの用法用量

通常、成人にはメマンチン塩酸塩として1日1回5mgから開始し、1週間に5mgずつ増量して下さい
維持量として1日1回20mgを経口投与して下さい。

アドメンタ10mgの副作用

副作用としては下記のものが認められております。
消化器症状、精神神経症状、痙攣、失神、意識消失、精神症状、肝機能障害、黄疸、横紋筋融解症などの症状が現れる場合があります。
身体に異常を感じた際には医師の診察を受けるようにして下さい。

アドメンタ10mgの注意

本剤を飲み忘れた場合は、気づいた時点で服用するようにして下さい。
ただし、2回目の服用時間が近い場合は飲み忘れた分は服用しないで下さい。
2回分を1回で服用しないようにして下さい。
本剤を服用中は、車の運転や、危険を伴う機械の作業は行わないで下さい。
何か、身体にい異常がある場合、気になる事がある際は医師に相談し得下さい

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.asiaのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません
カートの情報
¥−
カートを見る
left-lin
ログイン
新規会員登録
新規会員登録でポイントゲット
インフォメーション
ご利用案内
ご注文方法
個人輸入について
お支払い方法
配送・送料
ポイント説明
会社概要
特定商取引法の表示
プライバシーポリシー
よくある質問
商品リクエスト
サポート窓口
営業日カレンダー