ロジール(ジェネリックダラシン150mg)

ロジール(ジェネリックダラシン150mg)の商品画像
商品の特徴

ダラシンと同じ成分で感染症に対し細菌を抑制するリンコマイシン系の抗生物質です。
皮膚への感染症に対する抗菌作用が特に強く、ニキビや細菌性膣症、細菌性心内膜炎の予防、嫌気性細菌の感染などにも効果があります。

日本以外の発送・EMSは不可
cart-line
ロジール150mg (100錠)
¥4,600
カートへ
cart-line
ロジール150mg (200錠)
¥7,400
カートへ
cart-line
選ばれる理由
製品名Rosil
一般名クリンダマイシン塩酸塩 150mg
製造元Siam Bheasach Co.,Ltd
日本名ロジール(ジェネリックダラシン150mg)
薬効部類リンコマイシン系抗生物質
内容量100錠 / 箱
発送国シンガポール

ロジール(ジェネリックダラシン150mg)の特徴

ロジールは、一部特定の細菌によって引き起こされる感染症に対し、細菌を抑制する効果を発揮する抗生物質です。
クリンダマイシンが主成分となっており、先発薬であるダラシンのジェネリック薬品です。リンコマイシン系抗生物質で、先発薬の値段よりも安価で購入できます。

ロジールの有効成分クリンダマイシンは、主に、ブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、グラム陽性球菌として分類される菌に対し、抗菌作用を示します。
皮膚への感染症に対する抗菌作用が特に強いとされているため、皮膚の感染症であるニキビ(アクネ菌や黄色ブドウ球菌)や細菌性膣症、細菌性心内膜炎の予防、嫌気性細菌の感染などに効果があります。

なお、このクリンダマイシンは、菌を直接死滅させるのではなく、細菌の蛋白質合成を阻害することで、増殖を抑える(静菌効果)タイプの薬剤ですので、一定期間服用を継続する必要があります。

尚、ウィルスや真菌性の感染症には抗菌作用がありませんので注意が必要です。

ロジール(ジェネリックダラシン150mg)の成分

クリンダマイシン塩酸塩 150mg

ロジール(ジェネリックダラシン150mg)の用法用量

成人の場合は、1回150mg(1錠)を6時間ごとに経口投与してください。
重症感染症の方は1回300mg(2錠)を8時間ごとに経口投与してください。
※年齢、体重、症状に応じて服用量が変わりますので適宜増減してください。

ロジール(ジェネリックダラシン150mg)の副作用

副作用としてあげられるのが腹痛や下痢、嘔吐などです。
その他にも、めまいや口内炎などの症状を引き起こすことがありますので、そのような症状があらわれた際には、医師の診察をお受けください。

ロジール(ジェネリックダラシン150mg)の注意事項

本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作は控えるようにしてください。
抗生物質は場合によっては、眠気などの症状を引き起こすことがあります。
妊娠中・妊娠の可能性がある方、授乳中の方は本剤服用前に必ず医師に相談するようにしてください。
また、ダラシンのジェネリック薬品としてのロジール150mgは、成分としてクリンダマイシン塩酸塩150mgが含まれています。
よって、薬剤エリスロマイシン(エリスロシン等)の抗生物質と一緒に服用しますと、アナフィラキシーショックなどの副作用があらわれる場合がありますので、併用は避けるようにしてください。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.asiaのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません
カートの情報
¥−
カートを見る
left-lin
ログイン
新規会員登録
新規会員登録でポイントゲット
インフォメーション
ご利用案内
ご注文方法
個人輸入について
お支払い方法
配送・送料
ポイント説明
会社概要
特定商取引法の表示
プライバシーポリシー
よくある質問
商品リクエスト
サポート窓口
営業日カレンダー
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31