フロセミド40mg

フロセミド40mgの商品画像
商品の特徴

スマートドラッグの個人輸入規制により取り扱い終了となります。
12月13日までの注文受付となりますのでお早めにご注文下さい。

主に浮腫の治療に用いられます。
また、心不全の治療薬としても用いられることがあります。
浮腫みを取ることで血圧を下げます。

日本以外の発送・EMSは不可
cart-line
フロセミド40mg 1箱(28錠) [SG発送]
 
取り扱い終了
cart-line
フロセミド40mg 2箱(56錠) [SG発送]
 
取り扱い終了
cart-line
フロセミド40mg 4箱(112錠) [SG発送]
 
取り扱い終了
cart-line
選ばれる理由
製品名Furosemide 40mg
一般名フロセミド
製造元Bristol Laboratories Ltd
薬効部類利尿剤
日本名フロセミド40mg
内容量1箱/28錠
発送国シンガポール

フロセミド40mgの特徴

フロセミド40mgは主に浮腫の治療に用いられる強力な利尿薬です。
この医薬品はループ利尿薬に分類されます。
利尿薬の中でも、もっとも作用の強い利尿薬になります。
心臓、腎臓、肝臓は働きが悪くなると、体に水分が溜まり、浮腫を生じます。
心不全では肺に水が溜まり呼吸するのも苦しくなります。
そこで、フロセミド40mgを投与する事で、腎臓に働きかけ尿を出しやすくします。
尿を出してあげることで、体にたまった余分な水分を取り除き、浮腫みが取れ血圧を下げてくれます。
血圧を下げる事により、心臓の負担も軽くなります。

フロセミド40mgの成分

フロセミド40mg。

フロセミド40mgの用法用量

通常、成人にはフロセミドとして1日1回40〜80mgを連日または、隔日経口投与する。
なお、年齢症状により適宜増減する。

フロセミド40mgの副作用

薬が効きすぎる事で脱水症状を起こしたり血圧が下がりすぎる事があります
それに伴い、ひどい脱力感やめまいを起こす事があります。
また、血液中のカルシウム成分やナトリウム分が減ってしまう電解質失調も起こる可能性があります。
これが起こると、だるい、力が入らない、のどが渇くといった症状が出てきます。
重篤な副作用はほとんど報告はされておりませんが、身体に異常を感じた際は医師の診断を受けて下さい。

フロセミド40mgの注意事項

用法用量を守って服用ください。
飲み合わせによっては副作用が出る事がありますので服用する際は医師に相談の上服用して下さい。
また、アレルギーをお持ちの方や、服用中の薬がある方も医師に相談の上服用して下さい。
重い腎臓病、肝臓病を落ちの方は慎重に投与して下さい。
また、糖尿病、痛風を悪化させる恐れがありますので少量より開始して下さい。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)

もしも、ご注文確認のメールが届かない場合は、メールアドレスの入力誤りが予想されます。
恐れ入りますが、コチラよりお問い合わせ下さい。
また、携帯電話のメールアドレスでご注文された場合、メール受信の設定によってはメールが 届かない場合がございます。168webshop.asiaのドメインから届きますメールの受信設定をお願い致します。

商品のクチコミ

クチコミを書いて50ポイントゲット!

口コミはありません
カートの情報
¥−
カートを見る
left-lin
ログイン
新規会員登録
新規会員登録でポイントゲット
インフォメーション
ご利用案内
ご注文方法
個人輸入について
お支払い方法
配送・送料
ポイント説明
会社概要
特定商取引法の表示
プライバシーポリシー
よくある質問
商品リクエスト
サポート窓口
営業日カレンダー